人生観が大きく変わる野外イベントの楽しさ

人の娯楽には様々な種類があります。家の中で遊べるテレビゲームであったり、チームを組んで行なうサッカーであったり、遊び場所を提供してくれる遊園地であったりとどれも人を笑顔にさせてくれる力があります。そんな娯楽の中でも、取り分け多くの人とひとつになることを実感できるのが野外イベントです。主に外で行なう、プロの歌手によるコンサートのことを指す傾向があります。

野外イベントは、天候の影響を受けやすい外で行なうお祭りです。屋内では体験することのできない臨場感があります。プロの歌手が歌う声や演奏の音がどこまでも響き渡ります。基本、コンサートを楽しむときにはお金が必要です。しかし、この野外イベントではお金を払わなくてもコンサートの雰囲気を体験することができるのです。

野外イベントに訪れているお客の誰もが、歌手が立っているメインステージに目を向けることになります。これはものすごいことです。大きな野外イベントでは1万以上ものお客が集まることがあります。それだけの人が集まると周辺の空気が熱を帯びてきます。どんなに凍えるような寒さの冬の期間の開催だとしても、コンサート中は寒さが吹き飛んでしまうのです。

野外イベントでは多くの人との触れ合いがあります。1人で出かけても不安はありません。隣に立っている人や座っている人と、知らぬ間に友達になっていることがあります。野外イベントというひとつの空間が、人の共感を呼び親近感を深めるのです。この場にいる人はみな善人になります。どんなに普段ひねくれているような人だとしても素直になります。この場にいることの幸せを実感し何もかもが許せるように思えてくるのです。

野外イベントでの体験は一生の宝物です。その日その瞬間の出来事はいつまでも心の中に残ることになります。そして、その出来事はひとつの会話のネタとして使うことができます。職場の同僚に話すのもいいでしょう。自分のブログを持っているのなら題材として利用してもいいです。野外イベントでの体験をより多くの人に広めることができるのです。

ケータリングカーなら攻めの販売で売り上げアップが図れる

商売を成功させるために最も重要なファクターといえば集客力です。なのでお店にお客様が大勢来店するのは最高に嬉しいことです。でも逆にお店に閑古鳥が鳴いてお客様の姿がないときは淋しい限りです。このように商売成功の秘訣は集客にあるといえます。

ところでお店には固定店舗と移動タイプの2種類の形態があります。普通の飲食店だと前者になるし、今流行のケータリングカーなどは後者のタイプとなります。固定店舗の場合は基本的に待ちの商売といえます。駅前や商店街や住宅街など、立地のよい場所にお店を構えれば、安定した来客数が期待できます。ただ立地が悪く人通りの少ない地域に開店した場合はかなり苦戦すると言わざるを得ません。

このような待ちの固定店舗に対して、ケータリングカーの場合だとより積極的な攻めの商売を展開できます。なのでお客様が大勢集まる野外イベント会場などに移動して高収益を望むことが可能です。

また1日中同じ場所に留まって販売する必要もありません。ランチタイムにはサラリーマンやOLなどをターゲットに、ビジネス街で営業すれば短時間で大きな収益が出せます。他にも住宅街など人が集まる時間帯を狙って効率的な販売が可能です。固定店舗と比較して、ケータリングカーの商圏の範囲は極めて広いといえます。

商圏が広いだけでなく、商品の種類も固定店舗よりはるかに豊富な中から容易に選択が可能です。また短時間で商品を用意できるので、お客様のニーズに迅速に対応できるので、販売チャンスを逃す心配もありません。

どの場所でどの時間帯を選択すべきか、という点では情報力が販売の成否を左右します。また今何が流行っているのか、商品の最新トレンドを常に正確に把握して的確にメニューに反映させることも大事です。そのような情報を得るにはコンサルタント会社のバックアップがかなり重要になってくる場合もあります。

集客をして売り上げを伸ばすための最大のポイントは情報力にあるといっても過言ではないでしょう。その意味ではケータリングカーとは最先端の情報ビジネスであるともいえます。

野外イベントを心から楽しむための準備

コンサートやライブ等で音楽を楽しむ時、それらが野外イベントになると、ライブハウスやコンサートホールで音楽を体感するのとはまた違った体験をする事が出来ます。
音という物は基本的に空気が振動する事によって私達の耳に伝えられてくるものですが、ライブハウスやコンサートホール等の建物の中だと、それぞれの音が壁などに反射してリバーブとして聞こえてきます。
一方野外イベントで行うような音楽イベントだと、室内と比べてそれが少なくなるので、音の聞こえ方もかなり違って聞こえてくるのではないでしょうか。

室内イベントと野外イベントで音楽を聞く時にはそういった違いがあるので、同じ内容のイベントでも室内で行う物と野外で行うイベントがあれば、それぞれに参加して二つの違いを楽しむというのも悪くはありません。
ただ野外イベントは室内で行われるイベントより周りの環境に左右されやすいという事もありますから、野外イベントに参加する時は当日の天候をチェックして、予想できる気候に合わせた服を着ていくようにしましょう。

また野外イベントが開催される時間によってはイベント中に極端に気温や天気が移り変わるという事も十分に考えられるので、出来る限りそれぞれの状況に対応出来る様な準備をしておくと、安心してその野外イベント最後まで楽しむ事が出来る様になるでしょう。
しかしあまりに荷物を多く持ちすぎてしまうと、イベントのスペースを圧迫してしまう恐れがありますし、長丁場のイベントであれば持ち歩く事すら大変になってしまうので、そこの所は荷物を預けられる場所があるかどうかをしっかりとチェックし、無駄と思われる物はキッパリと持っていかないという決断が重要になります。

こうして色々な準備をした上で参加する野外イベントは、夜間まで続くようなものだと終電に間に合わなくなるといったハプニングに見舞われる事も十分に考えられるので、しっかりとその野外イベントの開催時間をチェックする事も忘れてはいけません。

イベントといえばケータリングカーが連なるスペース

ここのところよく利用するお店は、個人的にケータリングカーの移動販売が多くなっている気がします。なんでそう思うのかといえば、休日になるとイベントに出かけてそこで昼食をとるということが増えてきたからです。

以前までは食費を節約するために家で弁当を作って持っていくのが普通で、大抵は余った野菜などをサンドするだけで手間もお金もかからない上に、満腹度的にも全然物足りないということは感じませんでした。ただ、あるとき寝坊してしまい、早く出ないと渋滞に巻き込まれたらイベントの頭から参加できそうにないと考え急いで手ぶらでイベント会場に向かったときのことです。そこで売られていたケータリングカーの焼きそばの味に衝撃を受けて以来、イベントでは現地の食事も楽しみの内に入りました。

当然、特別な場所ということで値段はスーパーで売っている焼きそばより値は張るものの、やっぱり大騒ぎしている雰囲気に包まれながら食べる料理はとてもおいしく、ひとつのお店だけでなく複数食べ歩きして胃袋を満たしています。元は倹約思考だったので家に帰ってテンションの高い気分がおさまるとハッと我に返って結構食べてお金を使いすぎたなと感じるときもよくあります。けど、そんなことを考えても最近は後悔もしなくなってきて、むしろあとから会場の案内パンフレットを見返してみると、他の場所にも行ってもっと食べてみたかったと思うくらい外で風に当たりながら食べるグルメにハマったのです。

個人的にケータリングカーの特別感をかもし出すあの車のラッピングはずるいと思います。ただでさえ普段の生活とは違った体験をする場所で、あのかわいらしい装飾でどんな味なのか食べてみたいという食欲をそそるケータリングカーがあれば買わずにはいられないでしょう。ああいった派手さは街中を歩いていてもよっぽど若者が集まるところじゃないとお目にかかれないし、値段に関係なくとりあえず食べてみたいというお客側の心理をくすぐっているんじゃないでしょうか。

ケータリングカーの時代はまだまだ続く

街中や何かのイベント会場で時々見かけるケータリングカーは、一昔前までは目新しさもあり、世間から注目を集める商売ではありました。

しかし、全国各地で見られるようになってからは、ケータリングカーで食べ物などを買うという行為に関して付加価値が得られなくなってきており、利用する客も減り、結果としてケータリングカーでの商売が下火になっている印象があります。これは事実ではありません。むしろ、ケータリングカーでの商売は熱く、誰でも始められる商売として、脱サラをした人や、企業をしたいという若者に人気の商売になっています。

ケータリングカーで商売をするポイントは、人気が少ない街で人が一番集まる場所を選択し営業するというところにあります。これは一見矛盾しているようなことですが、どんな小さな街であれ人が集まる場所というのは必ずあります。都会は常に人が溢れているのでそのような場所を見つけるのは困難ですが、人が少ない街だと比較的容易に発見することができます。

例えば、これは無難な場所ですが、駅前などはまず初めにチェックをすべきところです。駅前には、様々な目的を持った人々が利用する場所であり、駅によっては観光客も訪れるので、商売をする機会に恵まれます。周りにこれといった同業のお店が無ければ、なお好都合です。

また、駅前近くの商店街の中というのもチェックすべき場所です。商店街のお店というのは、昔から営業しているお店が多く、買い物客にとって刺激というのがあまりありません。そんな場所において、新しい味を提供できるケータリングカーが現れたら注目を集められる可能性は大きく、短期間であれ、うまい商売を出来るかもしれないのです。

ケータリングカーは移動ができるお店です。万が一商売がうまくいかなければ、いい場所を探して再出発することができます。また、大きな店を持つ場合に発生する設備投資もなく、浮いた分を新商品開発に回すことができるので、販売するものを変更したい場合などにも、シフトチェンジがしやすいです。
融通が効くケータリングカーは、今後更なる発展を見せていきます。

私がケータリングカーのことを気になってしまう理由

街中でケータリングカーが走っているのを見かけても普通の人ならきっと何も感じないでしょうが、私はイベントの匂いを嗅ぎ付けて後を追ってみたくなります。移動販売というと何か特別な催し物が開かれているところで出店をしているものですし、走っている方向にきっと何か楽しめそうな場所があるんだろうなと感じてしまうのです。イベントといえばなんといってもメインとは別に周りにあるお店が重要で、これがないとどんな注目されているものでも魅力が下がってしまうから、ケータリングカーが来ていると華やかになって影の功労者とでも呼んでいいくらい貢献していると思います。

こんなにもこだわりがあるのは、私もこういう大きな催し物にかけつけて店を開くというスタイルの商売にかつて憧れを抱いていたからかもしれません。昔は飲食業に携わっていたこともあってバイトという身分とはいえ結構長く働いていましたが、ひとつの場所にお店を構えるというのはメリットもデメリットもあり、正直個人的な考えでは移動販売のほうが楽そうだと感じたのです。長く働いていると常連の人が来るようになって今週のこの曜日はあの人が高い確率で来るだろうということが察知でき、それも飲食で働いたときに思った楽しさのひとつでもありました。

ただ、徐々に固定化していって代わり映えのないお客さんを相手にしているよりは、毎日全然知らない人に接客するという一期一会の精神で働くほうが私には合っているとあるときふと気がつきました。常連の人は決して悪い人ではなかったものの、やっぱりそういう気持ちになってからは仕事に身が入らなくなって飲食は辞めてしまい今に至ります。各地の条例など気をつけないといけない点も多そうですが、ケータリングカーならたくさんの人と顔を合わせることができて私向けのビジネススタイルだろうという直感を持ってからは、現在も機会があれば移動販売の仕事に手を出してみたいとひそかに考えています。だから道路で並走していたりするとつい気になり目がそちらへ向いてしまうのです。

とても売り上げが好調な赤一色のケータリングカー

ケータリングカーで食材を販売している方々の多くは、売り上げの高さを望んでいます。できるだけ多くの食材を売りたいと考えている訳ですが、成功している事例も非常に多く見られます。
そして車上販売で成功している事例には、共通要素が1つあります。かなり奇抜なやり方で、成功している事例が見られるのです。

例えばケータリングカーを用いて販売しているあるお店の場合、人々からかなり好評な状況です。その業者に対しては多くの口コミも寄せられているのですが、総じて評価が高いです。そして業者の方も、その声を励みに頑張っています。今なおその車上販売の方は活躍していますが、売上数字は順調な状況です。

ところでそのケータリングカーでの販売が成功している理由の1つは、色です。独自のカラーを全面に打ち出して、売り上げが順調になっている訳です。
その車上販売の会社では、全てを赤色に統一しています。まず車の色自体を、完全に赤1色に統一している訳です。他の系統の色は、一切使っていません。すなわち真紅のケータリングカーを用いている事になります。

またその業者では、販売している食品にも大きなこだわりを持っています。その車で販売している食材のほぼ全てが、赤1色になっているのです。唐辛子などを用いた食材を豊富に販売していて、全てが赤色です。他の色の食材は、一切販売していません。
そして客観的に、その食品販売の業者は斬新だと思われている訳です。赤1色で販売しているお店などは滅多に見かけませんので、それが多くの方々から好評だそうです。ですので売上数字が順調になっている訳です。

このようにケータリングカーで販売している業者は、独自の路線を打ち出している傾向があります。上記の業者の場合は赤1色ですが、もっと別の色を全面に打ち出してみる方法もあるでしょう。会社のイメージカラーを効果的に表現できれば、売上数字がアップする事も多いです。「独自性」は、車上販売のキーポイントの1つだと考えます。

食べ物だけではない!ケータリングカーの目的って何?

街中やイベント会場などヒトが多く集まる場所で、よく目にすつるようになったケータリングカー。よくあるのが、たこ焼きやドーナツなどの軽食をあつかう車ではないでしょうか。目の前で作って売っている食べ物は本当に美味しそうで、たくさん食べたくなりますね。

そんな移動式販売者であつかう食事には、どのような種類があるのでしょうか。やはり多いのがドーナツやたい焼きなどのおやつになるでしょう。簡単に作れますのでキッチンの面積が少なくて済みます。ですから、ケータリングに向いています。

またたこ焼きや焼きそば、餃子などの軽食も人気でよく売られていますね。出来立てが美味しいものは、やはり注目を浴びますし人気が出ます。香りがよくて買う気はなくてもつい買う!というケースもあるのです。こちらも作り方は比較的簡単ですので、キッチンスペースが小さくてもOKです。

さらに、ケータリングカーでは、ジェラードやアイスなど冷たたいものもできるようになっています。夏場のイベントや海の家では大繁盛するでしょう。予想に反して暑い日などは、売り切れするほど大人気になることがあります。

実はケータリングカーは、何もキッチンカーという用途だけではありません。たとえば、田舎部では、移動式コンビニとして活躍することがあります。日用品や食品など、わざわざ買いにいけないお年寄り世代にとっては、ケータリングで販売してくれるととてもありがたいですね。

ほかにもケータリングカーは、災害時の対策室として使われることがあります。ほかにもブティック、診療車として幅広い使われ方ができるのです。いざというときに備えた使用方法ができるので、今後も幅広い活躍が期待できるのかもしれません。

このように移動型販売車には、いろいろな使い道が広がっています。今までよく目にするのがスウィーツや軽食の販売だったのでないでしょうか。今後は時代とともにアイデア次第で、いろいろな使い方が期待できますね。

ケータリングカーによる屋台でアルバイトした経験

ケータリングカーを使った食品の移動販売車でアルバイトをしていたことがあります。お祭りなどに出店する、いわゆる屋台です。サークルの先輩が屋台を生業とする人たちと知り合いで、彼の紹介ではじめたアルバイトでした。日給はとてもよく、仕事は販売のお手伝いをする程度でしたので、とても楽だったと思います。ケータリングカーのアルバイトは学生にはオススメできると思います。

私が働いていたケータリングカーでは焼きそばを売っていました。国立競技場でサッカー日本代表の試合が開催されるときなどに出店しており、そのたびに私もアルバイトとして駆けつけていました。身内びいきかもしれませんが、ケータリングカーのおじさんが作る焼きそばは絶品でありまして、サッカーファンにもとても好評だったようです。

ひっきりなしにお客さんが訪れ、アルバイトの私がその対応に追われててんてこ舞いになることもありました。しかし、お祭りムードの国立競技場で、お祭りの代名詞たる屋台の焼きそばを売るという仕事はとても面白かったです。焼きそばを売ることによってお祭りを盛り上げているという充実感があったのです。やっぱりお祭りにはケータリングカーによる食品販売がなくちゃねと思います。

大学を卒業して会社勤めを始めてからはケータリングカーでアルバイトをすることもなくなりましたが、今でもケータリングカーを見かけると胸躍るような気分になります。ケータリングカーが一台そこにあるだけで、町がお祭りの舞台になったかのような華やかさに満ちるような気がしてくるのです。

そんなことですから、ケータリングカーがあると、ついつい買い食いをしてしまいます。たこ焼きや焼き芋、ラーメン、トルコ風ケバブ。変わり種としては日本蕎麦のケータリングカー屋台なども見たことがあります。なかなか本格的な味でしたよ。私はケータリングカーが大好きなので、ケータリングカーで食品販売する文化が日本からどうか途絶えないで欲しいなと思っています。

ケータリングカーは車道を走っているだけで宣伝になる

 ケータリングカーの大きな利点は、ただ単に道路を走らせているだけで宣伝になるということです。つい最近、歩道を歩いていたら車道に1台のケータリングカーが走っていました。そのケータリングカーは黄色を基調に白い文字が書かれていて、特に車道を意識していなかった私の目にも自然と入り込んできました。

 そのケータリングカーが、アイスクリームを売るケータリングカーだとハッキリわかりました。アイスクリームに対してそこまで興味深くない私でも、そのときは「今度見かけたら食べてみようかなあ」と思いました。つまり、そのケータリングカーを見かけたことで、いつの間にか私の中に購買意欲がしっかりと芽生えていたのです。

 これがもしも私だけに限ったことではないとしたら、その宣伝効果たるや絶大だとわかります。歩く人や自動車ですれ違う人すべてがそんな風に思うわけではないのかもしれませんが、それでもある程度の人たちはそうしてそのケータリングカーについて何かしら思うところがあるはずです。そして、それは知らぬ間にアイスクリームに対する意識を植え付けられていることに他なりません。

 ケータリングカーは移動のためにただ車道を走っていただけなのですが、それがもうこの上ない宣伝になっているということです。本来、何か商品を売るときには大々的に宣伝をしなければなかなかお客は集まってくれません。しかし、ケータリングカーならばガソリン代だけでその宣伝をしっかりと行うことができるのです。

 ただ単に移動するだけで宣伝になるわけですから何か特別なことはまったくしなくて良いわけで、それは宣伝費の節約になります。またその宣伝効果はかなりあるでしょうから、それは金銭面から考えてもかなり合理的な方法です。

 ケータリングカーだからこそできる宣伝ということもありますからそこにオリジナリティーを出すことも難しくないですし、ケータリングカーは何から何まで宣伝に向いている車なのです。

1 2 3 4 5 6
PAGE TOP ↑