老け顔の大きな原因としてはシワとシミこの2つが大きな原因となることが大きいです。

今回はその原因の一つのシミについてお話出来ればと思います。

シミの原因って紫外線以外にも食べ物にも原因があるって知ってましたか?

紫外線のお肌への「害」で一番気になるのは、やはりメラニン色素生成への作用になります。

こんなものできなければいいのにと思うところ なのですが、実はそうもいかないんです。というのも、メラニン色素には紫外線からお肌を守るという大切な役目があるからです。

メラノサイトから放出されて表皮細胞に入り込んだメラニン色素は、お肌に入ってきた紫外線を吸収。紫外線による炎症(サンバーン)を防止して、細胞が傷むのを防ぎます。

それは、白人に比べ、皮膚の色が濃い黄色人種や黒人のほうが皮膚ガンになりにくいことからもうかがえます。

シミが出来やすい食べ物があるって知ってましたか?

シミが出来やすい食べ物が身近なものにあるのをご存知でしたか?その代表的なものをご紹介します。

白砂糖

白砂糖はシミが出来やすい原因の一つともいわれています。
頬から耳のつけ根にかけてシミができることもあるらしいので注意です。
砂糖って直接シミを作ってしまうよく食べるものなんです。

ちなみに白砂糖は体を冷やすとも言われています。
血行が悪くなればお肌の代謝も低下してしまいます。
結果としてお肌の中にメラニンが残りやすくなるんです。

カフェイン

お肌の中にあるメラニンを拡散させる働きがあるんです。
お肌の広範囲にシミを作る危険性があると言われています。

保存料

加工食品には100%使われている保存料です。
保存料には「リン」が大量に含まれているんです。
リンは人間の骨や筋肉を作るミネラルで体に必要なものなんですが、現代人は過剰摂取しているんです。
ジュースやお菓子などに入っているので要注意です。

 

シミが出来にくい食べ物

上記とは反対にシミが出来にくい食べ物も身近にあるのでご紹介させてもらいますね。

ナチュラルフードはシミが出来にくい

アーモンドやピーナッツなどナチュラルフードと呼ばれるものはシミを出来にくくしてくれるポリフェノールなどお肌にいいとされる成分が入っていることが多いのです。
ですのでもしお腹がすいてしまったという場合はこのナチュラルフードを食べるといいとされています。

 

シミの原因は食べ物まとめ

いかがでしたでしょうか?食べ物にもシミを作ってしまう原因があるのをご理解いただけましたでしょうか?

他にもいろいろな原因でシミは出来ています。シミを作りたくないという方はしっかり知識を身に着けてシミ対策をしていきましょう。